スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレージで沖縄へ子連れ旅行します。

娘とふたりで、久々に旅行します。
マイレージを利用したので超ハイシーズンの沖縄もいつもと同じ運賃♪

ANAのマイレージは子供でも席をとるなら1人前のマイルが必要です。


*マイレージでの航空券予約方法*
ANAの場合です。

1.ANAのマイレージクラブHPへアクセス。

2.「特典交換」で、国内線特典航空券予約というページへ移動します。

3.搭乗日の2ヶ月前から予約が可能。大人も子供も同一のマイル数が必要です。

4.「お客様情報」というところに家族の氏名を追加すると、1回の画面で複数人分の予約が可能です♪


ほんと簡単にチケット予約が可能です。

スポンサーサイト

テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

【子連れ旅行持ち物】軽くて便利なショルダーバッグ

旅行にでかけるときの持ち物でいちばん悩むのが、ショルダーバッグです。大きなボストンバッグのほかに、財布や携帯、子供の着替えなど入れて下げておかなければなりません。

ここ数回は少しマチの薄いおしゃれなショルダーバッグにしていたのですが、荷物が全然入らず一苦労しました。ずっとかばんの口が止められるあいている状態に・・・。

今回は新しいバッグでチャレンジしたのですが、これがとても良かったです。ベルメゾンのショルダーバッグです。

20070320010923.jpg

布のバッグで、マチはないのですが、かなり内容量が多いです。


20070320010931.jpg

いちばん便利だなと思ったのは、外側についたチャックもない大きなポケット。タオルやティッシュを入れておくと、サッと取り出せました。

外側にはもうひとつチャック付きのポケットも小さめのがあり、こちらは携帯やデジカメを入れておくのに良かったです。こちらのポケットは浅いので、中のものが奥に行ってしまわず便利でした。


20070320010939.jpg

下げるとこんな感じ。大きさも邪魔にならず、体にフィットするのでバタバタ動かず良かったです。車の中でも食事中もかけっぱなしでもあまり気になりませんでした。かばん自体が軽いからですね。


【私が購入したのはコチラ】

フラワープリントショルダーバック
1,990円

ベルメゾンは旅行に便利なバッグが多いですね。価格も安いし、機能性にも優れています。

南紀白浜温泉へ1泊2日の子供連れ旅行

南紀白浜温泉に1泊2日の子連れ旅行をしてきました♪娘3歳。自宅から車で2時間のマイカー旅行でした。

もう紀南は春で、あたたかかったです♪(*^^*)


「雪のような」といわれる白良浜。久々に明るいときに見ました。やっぱり真っ白できれいです。真夏は大阪など他府県の人で「芋洗い」状態になる海岸ですが(海岸に近づくことさえも大変ですのでご注意を・・・)、さすがに3月は空いています。

3月でも十分に砂浜遊びが楽しめます。ぜひぜひはだしで♪

裸足で遊んだ後は足をどうやってきれいにするかが問題ですが、白良浜には露天風呂「しらすな」(水着着用)があり、足湯としても利用できます。


この露天風呂の横には、トイレや無料更衣室、有料シャワールームがあります。ちなみにこの露天風呂は、5/1~9/30のハイシーズンに限り入浴料が要ります(一人100円)。3月は無料で楽しめました。しっかり源泉からひかれた温泉です。

さてそのあとは三段壁へ。



うう・・・と思うほどの切り立った崖。
景色はいいですが、足がすくみます。娘は特に怖がる様子もなかったですが、風がかなりきついので、すぐ横の遊歩道を散歩したりして楽しみました。

この三段壁には洞窟があり、入場料を払うとエレベーターでグーッと下へ降りることができます。(三段壁洞窟

下へ降りると昔むかしは鉛を掘っていたという跡があります。その中を歩くことができるのですが、かなり暗い場所もあり、波の音が響いています。お子様にはかなりハードだと思われます。私たち夫婦は娘は同行していた私の母に預けて下りました。


このような270万年前??といわれる断層を間近に見ることができ、非日常の世界を堪能できます。


白良浜の海岸と足湯は夏以外はとても空いていますし、三段壁周辺も海を見ながら散歩をしたりできる場所がいろいろあります。

子連れで楽しむにはとても楽しいところですので、ぜひぜひ行ってみてください(*^^*)

【南紀白浜温泉*子連れにおすすめの宿】
私の身近な人たちのクチコミから選んでみました♪


白浜温泉 ホテル三楽荘
白良浜のすぐ目の前の宿です。


白浜温泉 家族とすごす白浜の宿 柳屋
きれいな内装とキッズコーナーが人気です。(白浜はけっこう年季の入った宿が多いのです)

湯快リゾート 白浜御苑
今回私たちが宿泊した旅館です。次回体験談を書きますのでお楽しみに♪なかなか良かったです。



テーマ : 子連れ旅行 - ジャンル : 旅行

先日の金沢旅行は中止・・・。

先日金沢旅行を計画していると書いたのですが、娘のインフルエンザのため、私一人ででかけてきました。

家族旅行ならず、で残念です・・・。

私はどうしてもパーティーに出席する為金沢へ向かわなければならず、娘とパパの分のキャンセルをしました。

二日前にキャンセルしたのですが、ホテルはキャンセル料がいりませんでした。最近は特にビジネスホテルは前日でもキャンセル料のいらないところが多いんです。

子連れ旅行はいつ中止になるかもしれませんので(実際私もドタキャンになってしまったのはこれで3回目です)、キャンセル料のかからない宿泊施設を選ぶのもひとつの方法です。

だいたい食事がついていないところなどは、キャンセル料の発生が遅い傾向にあります♪


さて特急料金などJRのキャンセル料ですが、二日前でもかかりました。
キャンセル料は二日前では320円です。前日になると30%もキャンセル料がかかりますのでご注意を!(・・;)

払い戻し手数料など詳しくはコチラ


ちなみに指定席のキャンセルは発車時刻まで可能です。
変更は1回なら無料でできます。その後は手数料がかかります。


子連れ旅行では本当に「行くか?行くまいか?」という選択を迫られるときがあるのですが、当日結局いけないとなると大変なキャンセル料(ほぼ全額)がかかったりしますので、できれば早めに決断をされることをオススメします(体験上)(*^^*)


テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

金沢のホテル★ドーミーイン金沢

今回の子連れ旅行の宿泊先は、加賀の湧泉 ドーミーイン金沢に決めました。


加賀の湧泉 ドーミーイン金沢
住所:金沢駅東口から徒歩2分

特徴
★男女別天然温泉大浴場完備。
★2006年11月にグランドオープン(新しい)。
★無料インターネットコーナー有り。
★金沢駅すぐ近く。

そして、とにかく安い!!!
ファミリー向けの和洋室もあったりするのですが、私たちが泊まるプランは、幅160cmゆったりシモンズベットで快適安眠というプラン。

なんと家族で1泊7,000円で泊まれちゃいました。
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

2連泊ですが、合計14,000円。
安いですよね。

ここはクイーンサイズのベッドが1台のみというプランで、添い寝にはもってこい。

大浴場があるのも、子供をお風呂に入れやすくて魅力です。


さらにこちらにはファミリープランもありました。

①小学生未満のお客様(幼児)にも無料で布団やタオル類などのアメニティをご用意。
②3歳~中学生未満のお子様のお食事に付きましては、500円にて和洋食バイキングをご用意。
③宿泊者は天然温泉大浴場利用無料。


ということで、家族旅行にとても便利なホテルのようですね。まだ新しくてあまりききなれないですが、今後もっと人気が出てくるようなホテルだと思います。

金沢への家族旅行にはぜひご参考に。



加賀の湧泉 ドーミーイン金沢
住所:金沢駅東口から徒歩2分

テーマ : 子連れ旅行 - ジャンル : 旅行

金沢旅行決定!

2月の11日~13日まで、金沢へ旅行が決定しました(*^^*)
娘、3歳。幼稚園にこの春入園するので、それまでにできるだけ旅行にでかけたいと思っている今日この頃です。

金沢に決定したのは、私の友達の結婚式があるから。
11日に結婚式の2次会パーティーに私が金沢市で出席するので、今回はソレに合わせた旅行です♪


●旅行が決まったら、まず金沢市のHPで情報チェック

その土地のHPにはとても便利な情報がたくさん掲載されています。まずはここで観光やアクセス、その土地の文化などをチェック。

金沢の場合はこちら⇒http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/


テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

ママといっしょに旅行しよう!について

こんにちは!はじめまして。

旅行が趣味のオレンジスカイです。
どうぞよろしくお願いします(*^.^*)

娘と子連れ旅行を楽しむのが趣味の、28歳です。
娘は今3歳半。

0歳の赤ちゃんのときからでかけはじめ、鴨川や四国など色々なところへ旅行へでかけています。

体験記と、トラブル解決策や、子連れ旅行のポイントなどこちらで書いていければと思います。


本家サイト:ママといっしょに旅行しよう!

↑こちらのサイトでは、体験記や子連れ旅行で気をつけることなど色々書いていますので、ご参考になれば・・・(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。